多様化した老人ホーム

###Site Name###

元気な60歳以上の方が多い中、老人ホームという表現はあまり好まれません。

そのため施設名はマンションの様なネーミングをよくみかけます。



確かに元気なのに老人と言われることは拒絶してしまうかもしれません。
最近では様々なサービスのついた有料老人ホームが数多く登場したことにより、その内容は多様化してきました。

例えば食事のサービスが付いているが、介護はそれほど必要ないので必要な分だけ外部のサービスをお願いしたり、費用は高額ですが温泉やペットとも暮らせたり、医療機関もしっかり提携されている有料老人ホームもあります。もちろん介護サービスにも対応しています。


また介護はまだ必要なく自分達で基本的な生活を送ることが出来る人には、サービス付の高齢者向け住宅や数はシニア向け分譲マンションもあります。



シニア向けの分譲マンションは全国的に見ても数は少ないですが、サービス付の高齢者向け住宅は賃貸住宅ということもあり、その数は少なくありません。

消費者庁情報サイトを利用しましょう。

月々の賃貸料は必要になりますが、室内はバリアフリーで設計されており、介護が必要になった場合は在宅介護と同様に外部のサービスを受けます。介護の観点から考えると、老人ホームのように職員が在住しているわけではないので、不安な面も出てくるかもしれません。

また、要介護1以上の介護認定を受けた人は特別養護老人ホームを利用できます。

しかし、所得に応じて負担額の上限が設けられているので費用の負担が軽くなることから、入居希望者が多く、入居までに時間がかかることもあるので、施設に事前に確認する方が良いでしょう。老後を楽しく安心して過ごすための選択が多い時代になりました。