老人ホームの需要と問題点

###Site Name###

現在の日本は、急速に高齢化が進んでいます。

老人ホームの需要は増加していますし、今後も増加し続けると予想されます。

ビジネスとしては、成長分野といえますが、問題点もあります。
まず、入居者や希望者は増え続けるのに対し、老人ホームの従業員数が追い付かないことです。特に、24時間の介護が必要な高齢者を介護する介護士などは、まだまだ需要に対する供給が少ない上に、離職率が高いという問題点があります。
離職率が高いのは、労働内容が精神的肉体的に過酷である上に、労働条件(休暇や給与)が良くないからです。


しかし、スタッフの給与を上げると、老人ホームの利用料金が高くなり、一般家庭が利用できにくくなってしまいます。



国の補助金などもありますが、国の財政にも限りがありますので、安易に補助金を増やすことも難しい問題です。



労働内容に関しては、認知症があったり介護が必要な高齢者は、一時も目が離せないという過酷さもありますし、介護そのものが重労働なのです。

精神的にも、感謝されることも多いでしょうが、認知症の方に罵倒されたり暴力を受けることもあるので、大変な仕事なのです。老人ホームの経営者もスタッフも、本来は他人の役に立ちたいという奉仕精神を持った方が多いでしょうが、一方で、経営的なことや自分と家族の生活もあります。
奉仕精神を優先させて経営難になったり、自分の心身が壊れてしまってはいけないので、バランスが重要となります。

このように非常に難しい問題点が多いのですが、日本の高齢化が避けられないように、老人ホームの問題も避けて通れないので、日本全体で取り組む必要があります。